Posts tagged ‘Twitter’

iPhone とツイッターで会社は儲かる

「iPhone とツイッターで会社は儲かる」(山本敏行 著、マイコミ新書)を読了。安っぽいビジネス啓発本にありそうな書名とは裏腹に、企業内でツイッターを最大限に活用するための実践的なノウハウと分析をきちんと書いている。筆者が自ら経営する EC studio で全社員に iPhone を支給してツイッターの利用を推進してきた経験に基づいているので、内容にとても説得力がある。

タイトルにツイッターを掲げているにも関わらず、実は本書の後半 1/3 が Google Apps とクラウドについて割かれている。そしてこの部分の内容も EC studio での実践に基づいたものだ。結局のところ、書名にある iPhone やツイッターは組織業務をクラウド化するための入口に過ぎず、これらのツールやサービスを使いこなしてビジネス環境を変革することが重要であり成功への近道である、というのが筆者のメッセージだと思う。

本書が推奨する IT の活用方法はきわめて正論だろう。その一方で多くの企業や団体組織などでは、様々な理由によってこのような考えが受け付けられない場合のほうが、まだまだ多いに違いない。もちろん人様のところの IT 導入を他人がどうこう言う筋合いではないのだが、それでもやっぱりもったいない。本書に描かれているような IT 環境が普通のことになる日がくるといいなと思う。

先にも書いたように本書には EC studio 社内で実際に行われてきた IT 化の実践が幾つか紹介されているのだが、そのなかで SONY の PlayStation を TV 会議に利用していることに興味を覚えた。最近では Skype や Google Talk でビデオチャットが可能になっているが、それよりもかなり専用システムに近い TV 会議環境を低コストで構築できるようだ。映像関係の実践でもうひとつ、商談の打ち合わせを録画して Google Apps で共有する例には驚いた。商談を録画するという発想自体がとても新鮮だったが、情報共有という面では強力なツールになりそうだ。もちろん難しい問題が出てくることは予想されるものの、とにかく始めてみることが重要だと思う。

本書の最後には iPhone、ツイッター、Google Apps を EC studio 社内で一斉に導入したときの感想を聞いたアンケートの回答が全社員分掲載されている。導入当時の不安や期待感が手に取るように分かりとても面白い。組織内のクラウド化を検証するためのフィールドワーク資料としても貴重なものになると思う。

目次は以下のとおり。

第1章 ツイッターを会社で導入する目的とは
第2章 ツイッターを全社導入して起きたこと
第3章 ツイッターのメリット・デメリット
第4章 アイフォーンとツイッターが会社にもたらすもの
第5章 グーグル・アップスとアイフォーン
第6章 コミュニケーションのクラウド化で会社は儲かる
スペシャル・インタビュー グーグル 辻野晃一郎社長
イーシースタジオ社員の全社導入アンケート

ネットがあれば履歴書はいらない — ウェブ時代のセルフブランディング術

「ネットがあれば履歴書はいらない — ウェブ時代のセルフブランディング術」(佐々木俊尚 著、宝島新書)を読了。Blog や Twitter などのソーシャルメディア・サービスを活用して、自分自身のことを広くかつ正確に知ってもらおうという話。いわゆるセルフブランディングとか自己プロデュースをネット空間上で積極的に仕掛けていくことで、人脈やキャリアの枠を広げていくことが出来るという。佐々木氏の以前の著作である「仕事するのにオフィスはいらない」では、特定の会社組織に帰属しない自立的なノマドワーキングを提唱していたが、本書に書かれているようなセルフブランディングも、ノマドワーキングを実現するための具体的なノウハウのひとつということになるだろう。もちろんノマドワーキングとかセルフブランディングのスタイルが社会の中で完全に認知されるまでには、まだしばらく時間が掛かると思う。しかし自分のようにすでに自営業としてひとりで活動している身にとって、本書に記載されている様々な手法はすぐにでも実践しなければならないと感じると同時に、ネット上に公開する自分自身の情報を自分の手で的確に操作し管理する技術を、早急に身につけなければならないと思った。

第一章 「会社の名前で仕事をする」時代は終わった
第二章 ウェブ上でセルフブランディングする
第三章 ソーシャルメディアで人脈を拡げる
第四章 ツイッター超活用術
第五章 ウェブサービスの利用法
第六章 情報はどの程度までさらすべきか

仕事で使える!Twitter 超入門

「仕事で使える! Twitter 超入門」(小川浩 著、青春出版社)を読了。自分で実際に Twitter を触るようになって、ようやくその様子を理解できるようになってきたのだが、とりあえず Twitter を利用するときに使うコマンドや流儀、あるいは便利ツールなどの情報を網羅的に知りたいと思い、書名だけを見ていわゆるハウツウ本を入手するつもりで、無数の Twitter 本の中から本書を購入した。しかし読んでみると、SNS としての Twitter の価値や可能性などについて、きちんと分かりやすく解説されていて、良い意味で裏切られる結果となった。Twitter がどんなものかを手っ取り早く理解するために適していると思う。

いつものように目次を書いてみたが、これだけ見ると軽薄でなんとなく胡散臭く感じてしまうかもしれない。しかし、本文の内容にこのような浮ついた感じは無く、普通にしっかりしたものになっている。

1章 なぜ Twitter が注目されているのか?
2章 Twitter ならこんなことまでできる!
3章 たった「140文字」であなたの仕事が変わる!
4章 客をどんどん呼び込む Twitter ビジネス
5章 Twitter が世界を変える!
付録 「つぶやき」の書き方・読み方・伝え方

Android と Twitter

8月にいわゆる Android 携帯を購入してからおよそ3ヶ月が経った。以前より Zaurus や Palm などの PDA を使ってきたが、ようやくインターネット端末として使えるものを入手できたと感じている。これまでもケータイをインターネット端末として利用しようと努力してみたが、何とか使えるのは電子メールの内容確認くらいなもので、理想的なインターネット端末からは程遠かった。

Android を利用するようになって変わったのは Twitter の使い方である。これまで Twitter がどういうものなのか、今ひとつ把握しきれていなかったのだが、Android の Twidroid というアプリを通して何時でも何処でも Twitter にアクセスできる状況になってみると、Twitter のことが少しだけ見えてきたような気がする。といってもきちんと言葉で説明できるほどではないのだが、少なくとも PC を介した経験だけだとこのあたりの感覚は掴みにくいのではないかと思う。

最近、もうひとつ Twitter の見方が変わる経験をした。このブログの記事である。

Twitterに込められたボランティア精神(9つのツイッターの便利な使い方)

特にこのなかで、「いまなにしてる?」を「他の人が興味を持ちそうな何を共有できる?」に読み変えると良い、という部分は目から鱗だった。

そんなわけで自分でも Android 片手にぼちぼちとつぶやき出しているのだが、「いまなにしてる?」という問いかけに、気楽に何でもつぶやいてしまって良いのか、それともここはやっぱりつぶやき内容に応じてアカウントを使い分けるようなことをしたほうが良いのか、もしかしたらどうでもいいことなのかもしれないことに目下悩み中である。