Posts tagged ‘Android’

Android AVD の作成時に気を付けること

Android 用アプリケーションを作るため CentOS と WinXP に Eclipse ベースの環境を構築した。このとき WinXP 環境でちょっとしたつまづきがあったので、そのことを記録しておく。

Android SDK や Eclipse plug-in の ADT インストールはほぼ問題なく完了したが、AVD (Android Virtual Device) を作成したところ、PC の C: ドライブがパンク寸前になっていることに気づいた。AVD を作成するとかなりの容量を消費するようで、バージョン 1.6 用で 1.0GB、2.0.1 用だと 2.0GB も使ってしまう。いまどき 2.0GB 程度で騒ぐほどのことではないのだが、SDK を入れたノート PC の二分割された HDD パーティションは、C: ドライブが D: ドライブよりも容量がかなり小さくなっている。そのため色々とインストールしているうち窮屈になっていたところに AVD を二つ作成したため、一気に満杯となってしまった。

こういった事態を避けるため、AVD 作成時にその場所を任意に指定できればいいのだが、Eclipse のインタフェース経由で AVD を作成するときは、作成場所が C: ドライブに固定されていて変更出来ないようだ。実は Eclipse を介さずにコマンドで直接 AVD を作成することも可能で、この場合は AVD の作成場所を指定できる。しかし、せっかく作成した AVD(生成には時間が掛かる)なので、これをそのまま引っ越せないか試行してみた。

AVD を新規作成すると設定ファイルとデータディレクトリが作られる。例えば Android_1.6 という名前で AVD を作ると、次のようなファイルとディレクトリが出来上がる。

C:\Documents and Settings\<YOUR_ACCOUNT_NAME>\.android\avd\Android_1.6\
C:\Documents and Settings\<YOUR_ACCOUNT_NAME>\.android\avd\Android_1.6.ini

この Android_1.6 ディレクトリをそのまま別の HDD 領域に移動するとともに、Android_1.6.ini ファイル内に記述されているディレクトリを移動先のものに書き換える。この Andoroid_1.6.ini については上記の場所から移動していはいけない。

この方法で 3.0GB もあった AVD を容量に余裕のある HDD に移行しても、問題なく Android エミュレータを起動することができた。

(2009-12-09 訂正)
本文中 Android のバージョンにより AVD が必要とする HDD 容量が異なっていると記述したが、これは誤っていることが分かった。今回の作業でバージョン 1.6 が 1.0GB、2.0 では 2.0GB となっていたのは、AVD 作成時に指定した仮想 SD カード(sdcard.img)の容量が異なっていることによる。SD カードを除くと、AVD の初期状態(userdata.img, userdata-qemu.img, cache.img, etc)で 50MB にも満たない程度であり、この大きさはバージョン 1.6、2.0 のいずれでもほとんど同じであった。

HT-03A の Wi-Fi スリープ設定

Android携帯のHT-03AではWi-Fiをスリープ状態に移行するタイミングを3パターンから選択することができる。

  • 画面がOFFになったとき
  • 電源接続時はスリープにしない
  • スリープにしない

取扱説明書には記載されていないようだが、この設定を変更した場合は一旦電源を切ってからリブートしないと、設定が反映されないようだ。このところ「スリープにしない」設定で使っていたのだが、あまりにもバッテリーの消費が激しくて1日(起きてから寝るまで)持たなくなってしまった。この設定を変える前にこんなことは無かったので、設定変更の副作用と推測して、「画面がOFFになったとき」に変更してみた。ところがそれでもバッテリーの激減が続いたため、試しにリブートを実施してみたところ状況が改善した。本体の使用頻度にもよるが、現在は1日経過してもバッテリー残量は50%以上を維持している。一時はバッテリーの劣化を疑ってみたが、さすがに3ヶ月程度でダメになることはないだろう。実際に確認したわけではないが、特にデバイスに関連する設定項目については、変更後に必ずリブートしたほうがいいのかも知れない。

ちなみにWi-Fiスリープの設定メニューは極めて深い所にあるので、最初は気付かなかった。

「MENU」ボタン→「設定」→「ワイヤレス設定」→「Wi-Fi設定」→「MENU」ボタン→「詳細設定」→「Wi-Fiのスリープ設定」

Android と Twitter

8月にいわゆる Android 携帯を購入してからおよそ3ヶ月が経った。以前より Zaurus や Palm などの PDA を使ってきたが、ようやくインターネット端末として使えるものを入手できたと感じている。これまでもケータイをインターネット端末として利用しようと努力してみたが、何とか使えるのは電子メールの内容確認くらいなもので、理想的なインターネット端末からは程遠かった。

Android を利用するようになって変わったのは Twitter の使い方である。これまで Twitter がどういうものなのか、今ひとつ把握しきれていなかったのだが、Android の Twidroid というアプリを通して何時でも何処でも Twitter にアクセスできる状況になってみると、Twitter のことが少しだけ見えてきたような気がする。といってもきちんと言葉で説明できるほどではないのだが、少なくとも PC を介した経験だけだとこのあたりの感覚は掴みにくいのではないかと思う。

最近、もうひとつ Twitter の見方が変わる経験をした。このブログの記事である。

Twitterに込められたボランティア精神(9つのツイッターの便利な使い方)

特にこのなかで、「いまなにしてる?」を「他の人が興味を持ちそうな何を共有できる?」に読み変えると良い、という部分は目から鱗だった。

そんなわけで自分でも Android 片手にぼちぼちとつぶやき出しているのだが、「いまなにしてる?」という問いかけに、気楽に何でもつぶやいてしまって良いのか、それともここはやっぱりつぶやき内容に応じてアカウントを使い分けるようなことをしたほうが良いのか、もしかしたらどうでもいいことなのかもしれないことに目下悩み中である。