livedoor プロバイダの DNS

以前にも導入の経緯を書いたが、livedoor プロバイダをメインに使うようになってまもなく4ヶ月が経過しようとしている。これまでのところ問題になるようなこともなく使えている。ただ、メインのプロバイダを livedoor に切り替えたことで、ちょっとした副作用が出てしまった。

livedoor への移行に伴って、以前のプロバイダはバックアップ用とするため常時接続を切ったところ、宅内 LAN 内の DNS が使えなくなってしまった。LAN 内に設置した DNS の forwarders として、旧プロバイダの DNS を指定していたのだが、別の業者(=livedoor)経由だとアクセスできないようなのだ。これはまあ当然のことで、livedoor の DNS情報 を使えば済むことなのだが、契約時に livedoor から送られてくる通知にもWeb サイト上にも DNS 情報が公開されていない。仕方がないので新旧の両プロバイダとも常時接続しておき、通常のアクセスは livedoor 経由とし、DNS の forwarders のためだけに旧プロバイダを利用していた。

しかし、これでは 2 回線とも常にふさがってしまい、もったいないような気がするし、いかにもかっこ悪い。そこで、とりあえず livedoor のサポート窓口に DNS の IP アドレスについて問い合わせてみた。すると 1 日程で回答が来て、あっさりと DNS の IP アドレスを入手することができた。これによって 1 回線だけで通常の運用ができるようになり、バックアップやテスト用に 1 回線を確保しておけるようになった。