Google App Engine が熱い

Google App Engine が面白い。Beta 版のアカウント申請はすでに待ち行列入りになっているが、ローカル環境で使う SDK が配布されているので、これを使えば開発フェーズの評価をすることができる。まだほんの少し触っただけだが、DB はもちろんのことフレームワークや HTML テンプレート機能もすべてデフォルトで組み込まれているため、本当に簡単に開発を始めることができる。いまのところサポートする開発言語は Python だけだが、Python を習得するのにちょうど良い機会と思っている。

本家のドキュメントが充実していることに加えて、「Google App Engine に嫉妬 – 暗号、数学、時々プログラミング」というブログで超訳が公開されていて、これがものすごく楽しい内容になっているために読みやすい。さらに Python についても日本 Python ユーザ会が翻訳したドキュメントを大量に公開しているので助かる。

技術的には興味深いことばかりの Google App Engine であるが、そのデメリットも「Google App Engine のメリットとデメリット – ZD Net Japan」などで指摘されていて、確かにそうだよなとも思う。このあたりは実際に運用するアプリケーションの内容や目的と相談しながら可否を決めていくしかなさそうだ。

この Google App Engine や Amazon S3 などを総称して PaaS (Platform as a Service)と呼ぶらしい。これからは PaaS 環境で SaaS を運用する、ということなのだろう。いまのところ Amazon S3 のツール群は Google のものほど統合されていないため、一貫した開発環境としては Google App Engine が唯一の PaaS 選択肢に見えるが、Google 以外からもこのような PaaS が提供されることを期待したい。