OSS ソースコードサーチツール

ちょっと日が経ってしまったが、今週の月曜日に OSSAJ 主催のミニセミナー「OSS ソースコードサーチツールの効能、有効活用方法」を聴いてきた。ソースコードサーチツールというのは、大量の OSS のソースコードを事前にパース処理して登録しておき、ソースコードに対するインテリジェントな検索機能を提供しようというもので、(株)SRA の葉雲文(Yunwen Ye Ph.D)氏により開発された。また、当日の講演とデモも葉氏によって行われた。

このツールを使って、例えばワンタイムパスワードの生成プログラムを OSS のソースコード群から探し出すことが出来るという。あるいは特定の標準ライブラリの正しい利用手順を調べる、といったことも可能になる。つまり OSS という宝の山から自分に必要なものを効率的に探し出すためのツールのようだ。

過去何十年にも渡る数多くの挑戦にも関わらず、いまだに完全な成功を得られていないソフトウェアの再利用という命題に対して、現場目線からの新しい切り口になるかもしれない。なお、このツール自体は現時点で OSS として公開されていない。

当日のプレゼン資料が slideshare で閲覧できる。