Archive for 9月 2011

GAE のアプリケーションを Marketplace に登録するときの注意点

Google Apps Marketplace にアプリケーションを登録しようとしてハマった。この Marketplace への登録についてはそれなりにドキュメントが揃っているのですぐに出来るだろうと思っていたが、かなり時間が掛かってしまったのでその経過をメモ。

まずは Marketplace のデベロッパ登録をするのだが、これについてはオリジナルの “Google Apps Developer Program Site” に加えて、”Google Apps Marketplaceにアプリケーションを登録する方法” や “Google Apps Marketplaceにアプリを公開するときに気をつけること” を参考にさせていただいた。これらのドキュメントにしたがって、Marketplace の Vendor 登録はあっさりと完了。

続いてサンプルアプリケーションを登録してみようということで、”Writing your First Marketplace App using Python” に掲載されているコードを使って、Google App Engine にアプリケーション環境を構築する。そしてこれを Marketplace に登録し、さらに Google Apps からアクセスできることを確認した。

本来はここで Google Apps のアカウントからアプリケーションを起動できるはずなのだが、どうしてもエラーとなってしまい期待した結果にならない。調べてみるとサンプルコードの federated_identity() が本来返すべき値を返さず None を返していることがわかった。OpenID まわりでうまく行ってないのだろうと推測するものの、どうすればいいのか分からないまま調べを進めていたら、”App Engine and Chrome Webstore Issues” に解決策があった。原因はアプリケーションではなく GAE の設定であった。GAE の Application Settings にある Authentication Options を (Experimental) Federated Login にすることで、Google Apps に組み込んだ自前のアプリケーションを動作させることができた。

結論:
Google Marketplace に登録するアプリケーションを Google App Engine 環境で提供するときは GAE の Authentication Options を変更する必要あり。