Archive for the ‘Book’ Category.

「納品をなくせばうまくいく」を読む

ソニックガーデン社の倉貫さんが「納品しない受託開発」を実践していることは、ネットの情報や知人から見聞きしていた。このように書籍としてまとまったものを読んでみて、「納品しない受託開発」は自分が理想としてきた働き方を実現できる方法に違いないという思いを改めて確認した。いかに多くの予算を獲得し、手離れの良いやり方で納品して売上を回収したら次の案件へ、という従来のやり方ではなく、顧客のパートナーとして、そのビジネスに共感しビジネスの成長に必要なソフトウェアを長期的・継続的に提供する、という「納品しない受託開発」の方法論は、ソフトウェアの開発工程としても無理が無くとても自然体に見える。

考えてみると個人事業としてひとりで開発業務を始めた十数年前の頃は、1件あたりの開発期間が比較的長期に渡るものが多く、期せずして「納品しない受託開発」的な状況が、わずかながらも見え隠れしていたような気がする。しかし、その後は案件の短納期・低価格化が急激に進んで、顧客とビジネス感を共有するよりも、いかに良い条件で受註し短期間で仕上げて案件の数を稼ぐか、ということばかりに目がいってしまい、いつのまにか自ら窮屈な働き方を選択するようになってしまったように思う。そのことを本書が気付かせてくれた。

そこでさっそく自分も「納品しない受託開発」を実践したいところだが、ひとりきりの個人事業という現在の状況で本当に「納品しない受託開発」をできるかどうかは不安なところでもある。本書でも述べられているように、「納品しない受託開発」では基本的にひとりの技術者が顧客に対応するものの、その技術者が所属するソニックガーデン社が組織としてバックアップする。これは顧客から見れば、ひとりきりの個人事業者と取引するよりも遥かに安心できる担保となる。このことは「納品しない受託開発」かどうか以前に、ひとりきりの個人事業の場合にはいつでもついてまわる頭の痛い問題である。自分の場合は、同じような形態で働いている仲間との連携を常に意識しているものの、やはりひとりきりの個人事業では限界があると言わざるを得ない。ここはソニックガーデン社が行っている「ギルド」に参加するのが早道なのだろうか。

ところで、本書はソフトウェア開発という限定された世界に限らず、どのような仕事にもあてはまるであろう素敵な一文があちらこちらに散りばめられている。その中から幾つかを抜粋してみた。

顧客にとっては、ソフトウェアは完成させるだけでは意味がありません。それ以降にどれだけソフトウェアを「使う」ことができるのか、に意味があります。

「納品のない受託開発」ではソフトウェアの完成がゴールではありません。重要なのは、顧客のビジネスを成長・発展させることです。

私たちは、仕事は一生のものだと考えています。自分たちが大切だと思う仕事をずっとやっていきたいし、それはマラソンのようなもので、短距離走ではありません。ですから、一時的に休みなしに働いたとしても、そんなことが長く続けられるわけがないと思っているのです。

同じ価値観の人同士が一緒に働き、顧客とも価値観を共有できる、そんなそれぞれの価値観を実現する小さな会社が数多くあって、様々な人たちがそれぞれ自分に合った会社で働けること、そのことが働く幸せになる。

これらの文章に何かを感じたならば、本書を手にとっても損はないと思う。

FREE <無料>からお金を生みだす新戦略

「FREE <無料>からお金を生みだす新戦略」(クリス・アンダーソン 著、高橋則明 訳、小林弘人 監修・解説、6NHK 出版)を読了。最近では特に Web 系のサービスにおいて無償を基盤とする戦略が顕著だが、これらのビジネスモデルに関する歴史的な背景や構造を体系的にとても良く理解できる。本書の翻訳版を NHK 出版が手掛けている点も興味深い。Twitter と同じように週刊ダイヤモンドが3月13日号で「FREE の正体 0円ビジネス全解剖」という大特集を組んでおり、本書の副読本の様相を示している。本書と週刊ダイアモンドのいずれも書店では山積み状態になっており、かなり売れているようだ。

以下、本書の目次。

プロローグ
第1章 フリーの誕生
無料とは何か
第2章 「フリー」入門 — 非常に誤解されている言葉の早わかり講座
第3章 フリーの歴史 — ゼロ、ランチ、資本主義の敵
第4章 フリーの心理学 — 気分はいいけど、よすぎないか?
デジタル世界のフリー
第5章 安すぎて気にならない — ウェブの教訓 = 毎年価格が半分になるものは、かならず無料になる
第6章 「情報はフリーになりたがる」 — デジタル時代を定義づけた言葉の歴史
第7章 フリーと競争する — その方法を学ぶのにマイクロソフトは数十年かかったのに、ヤフーは数カ月ですんだ
第8章 非収益化 — グーグルと二一世紀型経済モデルの誕生
第9章 新しいメディアのビジネスモデル — 無料メディア自体は新しくない。そのモデルがオンライン上のあらゆるものへと拡大しているのが新しいのだ
第10章 無料経済はどのくらいの規模なのか? — 小さいものではない
無料経済とフリーの世界
第11章 ゼロの経済学 — 一世紀前に一蹴された理論がデジタル経済の法則になったわけ
第12章 非貨幣経済 — 金銭が支配しない場所では、何が支配するのか
第13章 (ときには)ムダもいい — 潤沢さの持つ可能性をとことんまで追究するためには、コントロールしないことだ
第14章 フリー・ワールド — 中国とブラジルは、フリーの最先端を進んでいる。そこから何が学べるだろうか?
第15章 潤沢さを想像する — SFや宗教から、<ポスト稀少>社会を考える
第16章 「お金を払わなければ価値のあるものは手に入らない」 — その他、フリーに対する疑念あれこれ
結び — 経済危機とフリー
巻末付録1 無料のルール — 潤沢さに根ざした思考法の10原則
巻末付録2 フリーミアムの戦術
巻末付録3 フリーを利用した50のビジネスモデル
謝辞
日本語版解説(小林弘人)

iPhone とツイッターで会社は儲かる

「iPhone とツイッターで会社は儲かる」(山本敏行 著、マイコミ新書)を読了。安っぽいビジネス啓発本にありそうな書名とは裏腹に、企業内でツイッターを最大限に活用するための実践的なノウハウと分析をきちんと書いている。筆者が自ら経営する EC studio で全社員に iPhone を支給してツイッターの利用を推進してきた経験に基づいているので、内容にとても説得力がある。

タイトルにツイッターを掲げているにも関わらず、実は本書の後半 1/3 が Google Apps とクラウドについて割かれている。そしてこの部分の内容も EC studio での実践に基づいたものだ。結局のところ、書名にある iPhone やツイッターは組織業務をクラウド化するための入口に過ぎず、これらのツールやサービスを使いこなしてビジネス環境を変革することが重要であり成功への近道である、というのが筆者のメッセージだと思う。

本書が推奨する IT の活用方法はきわめて正論だろう。その一方で多くの企業や団体組織などでは、様々な理由によってこのような考えが受け付けられない場合のほうが、まだまだ多いに違いない。もちろん人様のところの IT 導入を他人がどうこう言う筋合いではないのだが、それでもやっぱりもったいない。本書に描かれているような IT 環境が普通のことになる日がくるといいなと思う。

先にも書いたように本書には EC studio 社内で実際に行われてきた IT 化の実践が幾つか紹介されているのだが、そのなかで SONY の PlayStation を TV 会議に利用していることに興味を覚えた。最近では Skype や Google Talk でビデオチャットが可能になっているが、それよりもかなり専用システムに近い TV 会議環境を低コストで構築できるようだ。映像関係の実践でもうひとつ、商談の打ち合わせを録画して Google Apps で共有する例には驚いた。商談を録画するという発想自体がとても新鮮だったが、情報共有という面では強力なツールになりそうだ。もちろん難しい問題が出てくることは予想されるものの、とにかく始めてみることが重要だと思う。

本書の最後には iPhone、ツイッター、Google Apps を EC studio 社内で一斉に導入したときの感想を聞いたアンケートの回答が全社員分掲載されている。導入当時の不安や期待感が手に取るように分かりとても面白い。組織内のクラウド化を検証するためのフィールドワーク資料としても貴重なものになると思う。

目次は以下のとおり。

第1章 ツイッターを会社で導入する目的とは
第2章 ツイッターを全社導入して起きたこと
第3章 ツイッターのメリット・デメリット
第4章 アイフォーンとツイッターが会社にもたらすもの
第5章 グーグル・アップスとアイフォーン
第6章 コミュニケーションのクラウド化で会社は儲かる
スペシャル・インタビュー グーグル 辻野晃一郎社長
イーシースタジオ社員の全社導入アンケート

インターネットが死ぬ日 — そして、それを避けるには

「インターネットが死ぬ日 — そして、それを避けるには」(ジョナサン・ジットレイン 著、井口耕二 訳、ハヤカワ新書)を読了。早川書房の発行に加えて、そのタイトルからも何か SF 小説的な雰囲気のものを勝手に想像して購入したが、実際の内容はだいぶ異なっていた。本書では法学者である著者が、インターネットやパーソナルコンピュータの技術と社会の関係性を、法律と技術の両面から緻密に分析している。著者によればインターネットやパーソナルコンピュータの技術革新が飛躍的に進んできたのは、これらの技術が様々な規制や約束事を先送りしてきたことで、オープン性が維持され玉石混淆とはいえ無数のソフトウェアが生み出された。そのことによってオープンで「生み出す力が満ちている肥沃な」道具や環境が瞬く間に普及した。しかし一方で、これらの技術が爆発的に社会へ普及することで、ウィルスやネット犯罪などの危険性が認知されだすと、人々は iPhone に象徴されるような、便利で安全だけれども生み出す力が乏しい道具で満足するようになる、と言っている。そして政府や企業にとっても、生み出す力が満ちている肥沃な道具よりは、自らの管理の影響を及ぼしやすい、便利だけれども生み出す力の乏しい仕掛けが望ましい。しかし筆者はもちろん生み出す力を手放してはいけないと主張していて、そのための方策について本書の1/3以上を割いている。

iPhone が「生み出す力」を持たない道具かどうかは議論の分かれるところと思うが、その気になればなんでも出来そうな無垢のPCと規制のないインターネットの組み合わせに対峙する象徴的なシンボルとしては理解できる。本書では米国の法律に関する記述が多くて理解出来ない部分も多々あったのだが、それでも「生み出す力」とか「肥沃なインターネット」という表現が非常に印象的で記憶に残った。

パート1 肥沃なネットの興亡
第一章 箱の戦い
第二章 ネットワークの戦い
第三章 サイバーセキュリティと生み出す力のジレンマ
パート2 失速後の世界
第四章 生み出す力のパターン
第五章 ひも付きアプライアンス、サービスとしてのソフトウェア、そして万全なる執行
第六章 ウィキペディアに学ぶ
パート3 対策
第七章 インターネットを死なせない — 肥沃なインターネットの安定
第八章 肥沃な未来を実現する戦略
第九章 生み出す力のリスクに対応する — プライバシー2.0

ネットがあれば履歴書はいらない — ウェブ時代のセルフブランディング術

「ネットがあれば履歴書はいらない — ウェブ時代のセルフブランディング術」(佐々木俊尚 著、宝島新書)を読了。Blog や Twitter などのソーシャルメディア・サービスを活用して、自分自身のことを広くかつ正確に知ってもらおうという話。いわゆるセルフブランディングとか自己プロデュースをネット空間上で積極的に仕掛けていくことで、人脈やキャリアの枠を広げていくことが出来るという。佐々木氏の以前の著作である「仕事するのにオフィスはいらない」では、特定の会社組織に帰属しない自立的なノマドワーキングを提唱していたが、本書に書かれているようなセルフブランディングも、ノマドワーキングを実現するための具体的なノウハウのひとつということになるだろう。もちろんノマドワーキングとかセルフブランディングのスタイルが社会の中で完全に認知されるまでには、まだしばらく時間が掛かると思う。しかし自分のようにすでに自営業としてひとりで活動している身にとって、本書に記載されている様々な手法はすぐにでも実践しなければならないと感じると同時に、ネット上に公開する自分自身の情報を自分の手で的確に操作し管理する技術を、早急に身につけなければならないと思った。

第一章 「会社の名前で仕事をする」時代は終わった
第二章 ウェブ上でセルフブランディングする
第三章 ソーシャルメディアで人脈を拡げる
第四章 ツイッター超活用術
第五章 ウェブサービスの利用法
第六章 情報はどの程度までさらすべきか

仕事で使える!Twitter 超入門

「仕事で使える! Twitter 超入門」(小川浩 著、青春出版社)を読了。自分で実際に Twitter を触るようになって、ようやくその様子を理解できるようになってきたのだが、とりあえず Twitter を利用するときに使うコマンドや流儀、あるいは便利ツールなどの情報を網羅的に知りたいと思い、書名だけを見ていわゆるハウツウ本を入手するつもりで、無数の Twitter 本の中から本書を購入した。しかし読んでみると、SNS としての Twitter の価値や可能性などについて、きちんと分かりやすく解説されていて、良い意味で裏切られる結果となった。Twitter がどんなものかを手っ取り早く理解するために適していると思う。

いつものように目次を書いてみたが、これだけ見ると軽薄でなんとなく胡散臭く感じてしまうかもしれない。しかし、本文の内容にこのような浮ついた感じは無く、普通にしっかりしたものになっている。

1章 なぜ Twitter が注目されているのか?
2章 Twitter ならこんなことまでできる!
3章 たった「140文字」であなたの仕事が変わる!
4章 客をどんどん呼び込む Twitter ビジネス
5章 Twitter が世界を変える!
付録 「つぶやき」の書き方・読み方・伝え方

2011年 新聞・テレビ消滅

「2011年 新聞・テレビ消滅」(佐々木俊尚 著、文春新書)を読了。インターネットを媒介とする新しいメディアの出現で、旧来のマスメディアは根本的な構造の変革をしない限り生き残れないことを、何度も書き続けていた著者の論考を改めてまとめている。自分はマスメディアの内情を知っているわけではないが、本書で述べられている内容についてはまったくその通りだと思う。特に印象的だったのが、「コンテンツ・コンテナ・コンベア」の話だ。新聞であれば記事がコンテンツであり、コンテナが新聞紙、コンベアが販売店システムということになる。この考えはソフトウェア産業にも当てはまりそうな気がした。これまでのプロダクト型からサービス型にシステムが移行することで、システムのフレームワーク(=コンテナ)とネットワーク(=コンベア)部分のコストと技術的な障壁が低くなる一方で、コンテンツが相対的に重要となってくると考えれば、マスメディアに対する「コンテンツ・コンテナ・コンベア」論と同様の視点で、ソフトウェア産業も捉えられそうな気がする。
目次は以下の通り。

第1章 マスの時代は終わった
第2章 新聞の敗戦
第3章 さあ、次はテレビの番だ
第4章 プラットフォーム戦争が幕を開ける

仕事するのにオフィスはいらない

「仕事するのにオフィスはいらない — ノマドワーキングのすすめ」(佐々木俊尚 著、光文社新書)を読了。特定のオフィスを持たず、インターネットを最大限に活用しながら、フリーランスとして仕事をしていく方法を実践的に説いている。筆者のようなライフスタイルは自分も理想としているのでとても参考になる。あとはこういう働き方がもう少しだけ社会的に認知されれば、ノマドワーキングもぐっとやりやすくなるはず。ほんとうは人を雇用する側にとっても、自立的な自営業者と協働すればメリットがあるはずなのに、これまでの慣習と大きく異なる考え方をすぐに受け入れてもらうのは難しいのかもしれない。

第1章 ノマドワーキングのすすめ
第2章 アテンションコントロール
第3章 情報コントロール
第4章 コラボレーション
第5章 クラウドを使いこなす
第6章 ノマドライフスタイルの時代へ

クラウドコンピューティングの幻想

「クラウドコンピューティングの幻想」(エリック・松永 著、技術評論社)を読了。このところ「クラウド」人気が高いようで、題名にクラウドの文字が入った書籍や雑誌の記事が大量に出回っている。そんな状況の中で、クラウドを採用しなければ IT 化の流れに乗り遅れるといった強迫観念に囚われたり、クラウドによってシステムの合理化やコストダウンを実現できると闇雲に信じるのはまったく無意味であることを著者は説いている。だからといってクラウドそのものを否定しているわけではない。むしろ今後の IT 技術において重要なファクターになると考えている。しかし、著者の目線はあくまでも企業ユーザの立場であり、ユーザの長期的な経営戦略にとって有効な道具としてのクラウドを見極めることの重要性を訴える。そして、このような視点からコンピュータシステムについての助言を行うコンサルタントやインテグレータを、パートナーとして選ぶことが重要であると本書は説く。その主張は真っ当なものであり、流行などに左右されることのない普遍的なことだと思う。現場の技術者は激しく変化する状況に対応するため、どうしても技術そのものに囚われてしまいがちだが、常に本書が主張している視点を持ち続けていくことが大切だと思う。

以下、本書の目次を抜粋しておく。この目次だけ見ると、そこいらのクラウド本と代わり映えしない印象を受ける。しかし、実際の目次はもっと詳細になっていて、そちらを見ないと本書の雰囲気は伝わらないかもしれない。完全な目次は Amazon のここにある。

はじめに
第1章 クラウドコンピューティングの迷走
第2章 企業向けクラウドコンピューティングは何も始まっていない
第3章 クラウドコンピューティングを支える技術と意味
第4章 クラウドコンピューティングの未来を占う注目企業の戦略
第5章 クラウドコンピューティングをリードする注目企業の戦略
第6章 クラウドコンピューティング時代に遭遇する既存大手システムインテグレータの危機
第7章 クラウドコンピューティングの幻想からの脱却
おわりに

オープンソースでメシが食えるか!?

「オープンソースでメシが食えるか!?」(恒川裕康 著、秀和システム)を読了。オープンソース・ソフトウェア(以下 OSS)について、そもそも OSS とはどんなものか、というところから始まり、導入にまつわる問題点や運用におけるノウハウまで、とにかく OSS に関わることを網羅的に盛り込んでいる。導入や運用に関するところはかなり具体的に書き込まれているので、これまで OSS とは無縁だった技術系の管理者や、プロジェクトマネージャあたりを読者として想定しているのかもしれない。そういう視点で見れば悪くない内容と思うが、このタイトルはちょっと煽りすぎの気がしないでもない。これでは OSS を活用した実践的なビジネスモデル提案のようなものを思い浮かべてしまうだろうが、そのような内容にはなっていない。いま改めて表紙を見たら副題として「成功するシステム構築のための OSS 活用術」とある。何のひねりも面白みもない表現ではあるが、むしろこちらのほうが中身を適切に言い表していると思う。

以下、本書の目次を転載。

第1章 オープンソースソフトウェアの現状
第2章 オープンソースソフトウェアに対する誤解
第3章 なぜオープンソースソフトウェアの導入でつまずくのか
第4章 オープンソースソフトウェア導入のツボ
第5章 オープンソースソフトウェア運用のツボ
第6章 オープンソースソフトウェアの価値を引き出す
第7章 終わりに